患者数

日本のアルコール依存症の患者数ですが、
日本の飲酒人口は約6000万人といわれていますが、そのうちの230万人程度が
アルコール依存症といわれています。
26人に1人はアルコール依存症の患者だという数字です。
アルコール依存症の怖いところは、各人の性格や意志によって、
誰でもかかりうる疾患だという事です。
そして、無自覚のまま依存症に陥っている方も多いというのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>